ライター

Webライターの志望動機と例文4選を紹介!こんなコメントは落とされる?

最近はクラウドソーシングが注目され、WEBライターのお仕事が目立つようになってきましたね。

誰でもクラウドソーシングを使用し、Webライターとして個人で稼いでいくことは可能となりました。しかしながら、やはり最初の信用の作り方が大切ですね。

この記事では、Webライターを目指す方へ、応募する際に効果的な志望動機や例文を紹介します

初心者の方でライターを目指す方は参考にしてみてください。

クラウドソーシングって稼げるの?

まずはクラウドソーシングについてですが、アウトソーシングが元の語源ですね。Web環境を利用して、外部に業務委託を行い、お仕事の依頼を行います。

ここ最近ではクラウドソーシングがテレビでも注目され、パソコンさえあれば在宅で気軽に働くことが可能となっています。

大手のクラウドソーシングは「クラウドワークス」と「ランサーズ」が有名ですよね。

そもそも稼げるのか?という話をすると、どのようなお仕事をやるかによって金額は様々。

Webライターとして働くのであれば、月に50万以上稼ぐ人もいれば数万円しか稼ぐことができない人も

どれだけ読者の事を考えた記事を書けるか。また、記事の納期までに納品できるか...といった、編集者との信頼性が上がれば、文字あたりの金額も自然と上がっていきます。

 

初心者の応募時は小さい案件から評価を稼いでいこう

クラウドソーシングを使って案件に応募する際は小さい案件から応募していくのが基本です。

いきなり文字単価1円~2円の案件に応募することはハッキリ言って難しいです。その理由は、実績や信頼を測ることができないから。

当然、大きい案件には複数のWEBライターが応募しますよね。その時に実績や信頼がある人を優先的に採用するでしょう。

となれば、初心者がその案件に不採用となるのは当然のこと。

そのため、まずはあまり単価が高くない案件を複数こなし、着実に評価を稼いでいきましょう。

まずは文字単価0.5円~1円の案件を探します。案件をこなすことで、自分のライティングスキルも上がり、評価も上がっていきます。

編集者との納期やコミュニケーションに関しては十分に気を付けながら、コツコツと評価と信頼を積み上げていきましょう。

いつまでも0.5円くらいでお仕事をしていると大変だから、値段交渉も積極的にね!

Webライターの志望動機と例文20選を紹介

ではここで、Webライターとして案件に応募する際の志望動機や例文について紹介していきます。

例1 実績があるパターン

初めまして、○○と申します。
募集を拝見して、貴社の記事を書かせていただきたいと強く思い、応募させていただきました!

ライターとして月収30万を達成すると本気で決めており、会社員の労働時間と同様に、週○○時間以上ライティングに時間を注いでいきます。すぐにでもお仕事を開始できる準備が整っています。

以下で簡単ではありますが自己紹介させていただきます。

①簡単な自己紹介・職歴・これまでの仕事経験

・・・・

②編集・執筆業務経験の有無

・・・・

③1週間あたりの納品可能本数目安

・・・・

今後、自分のビジネスをさらに発展させていくためにもライティングスキルの向上は必須であると考えます。報酬をもらうことで仕事への責任が発生し、より自分を磨ける環境になるはずです。即断・即決・即行動を目標に仕事をしておりますので、返信速度はなるべく早く、納期はきっちり守ることをお約束いたします。

ライターで実績をあげてさらに自分の発信力・営業力を高めていき、クライアント様と今後もより良い関係が築けていければと思っております。

ぜひ私を採用してください。
必ずいい記事を書き上げます。
よろしくお願い致します。

これだけしっかりとやってきたことや取り組み方が書かれていたら、熱意が伝わるよね

実例2 実績が無いパターン

はじめまして。○○と申します。

現在は東京を拠点にWeb系フリーランスをしています。

これまでは、○○をメインに仕事をしていました。
並行して、××や、△△、○○、▲▲、◆◆など、
様々な業種で働いてきました。

現在は○時~〇時の時間帯が空いていますので、その時間帯の対応が可能です。
フリーランス駆け出しということもあり、文字単価○○円でご対応させて頂きます。
宜しくお願い致します。

実績が無い場合は、あえて文字単価を提示されたものよりも低くするのもテクニックの一つ。
もし安く良い記事を書けるのであれば、お願いしたいよね!

実例3 実績を努力で示すパターン

はじめまして、まじめの一歩と申します。

クラウドワークスの仕事はライティングタスクからスタートし、契約案件を積極的にトライしています。承認をいただいた案件はトータルで800件を超えております。

以前、約10年ほど副業として○○を運営した経験から、主に○○や××に関する記事を執筆してまいりました。
生活関連やビジネスなど多様性あるライターをめざし、さらなるスキルアップをめざしたいと思っております。

総合評価では、5つ星を達成して、これからが勝負と思っています。

ライティングの仕事がライフワークと覚悟を極め、プロフェッショナルの領域を目指して精進していきたい、そう思っております。
元々、▲▲を長く勤めた経験があります。性格は几帳面なほうと思っています。
仕事は大変でも楽しくやりたい!がモットーです。

どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

参考に過去納品した記事を添付致します。筆力の確認などお願い致します。

細かいタスクワークをこなして努力量を示すのも一つの手段。
頑張る人にはお仕事をお願いしたいって思うよね。

実例4 依頼者の評価を記載

【自己紹介】
○○です。
初めて応募させていただきます。

パソコンを毎日使用していて、活字を読んだりするのが好きです。
もちろん文章を書く事もとても好きです。
こうしたお仕事を通じて知識を豊かにしたいと思っています。
それと共に、文章力は元よりライタースキルを上げていきたいと思っております。

〇過去記事ファイルに添付致します。

【納品頻度】
大体これまで1日2記事程度(文字数1500文字~4000文字)を仕上げておりました。
同じくらいの文字数でしたら、このくらいの頻度で提出できると思います。

【特異なジャンル】
「○○」「○○」「○○」「○○」「○○」「○○」
「○○」「○○」などを得意としております。

【職務経験・実績・スキル】
ライターの仕事自体は、一昨年からライターのお仕事だけしておりました。
ジャンルも上記に上げた案件が多かったです。

【執筆中の嬉しかったこと】
情報をネットでリサーチ中に、自分が書いた記事をヒットした事が2度程ありました。
当時のクライアント様からは「それだけクオリティーが高いという事です」と
お褒め頂きました。

 

【お仕事継続期間】
長期に渉ってお仕事させていただければと存じます。
急な用事や急病などの場合は、必ず連絡いたします。

以上、簡単ではございますが、よろしくお願いいたします。

クライアントの評価とその記事がどのように活きたのかを記載すれば、自然と期待してしまうよね。

Webライターとして応募する時の注意点

では、クラウドソーシングで応募する時の注意点についてまとめていきます。

相手の名前を間違えない

はい、これです。名前を間違えてしまう事。

そんなことあるわけない...と思うかもしれませんが、応募する時の志望動機やポートフォリオの内容ってテンプレ化して使い回すケースが多いんですよね。

テンプレの使い回しは悪いことではないですが、応募された側として名前を間違えられるのは誠意が伝わりませんよね。

それに、お仕事での記事投稿の時にも、「確認をしない人」という印象が付きますので、かなりの確率で不採用になる可能性が高いです。

弱気にならないこと

志望動機で弱気になるのもNGです。

  • ○○ができなくて
  • 未経験なのですが
  • 初心者ですが
  • ○○で仕方なく

これらのフレーズは使わないようにしましょう。

自信が無い人が採用されるケースは少ないですし、依頼しようと思わないですよね?

どんな時でもプロである自覚を持ちながら応募してみよう!

Webライターとして応募する時は自信と実績を示す

やはり、記事をお願いする場合、誰でもいいから頼みたいという人は少ないです。

金額が低い場合には適当な志望動機でも採用される可能性がありますが、出来るだけ長く、実績ともに記載するが効果的ですね。

まだまだ自身が無い場合は、タスクワーク等をこなして、評価を稼いでみてください。

 

-ライター

Copyright© ぬっくんnote , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.