副業

副業がうまくいかない人に不足している基準値と考え方

ひとえに”副業”といっても上手くいく人と上手くいかない人がいます。

もちろん、様々な副業があるため、人によって合う合わないはあるとは思いますが、同時期にスタートしたけれどその差は顕著に表れることはたびたび発生しますよね。

その”差”は何なのか。

僕の副業の経験を元に、副業が上手くいかない人に不足している基準値と考え方、その対策についてまとめてみました。

そもそも副業が”うまくいく”とは?

今回の。”副業がうまくいく”の定義をまずは定めてみましょう。

サラリーマンなら本業の給料以上に稼ぐこと、主婦なら夫の給料よりも稼ぐこと。これが成功例と考える人もいれば、何千万と稼いで独立することを成功とする人もいますよね。

自分の認知度が広がってはじめて成功と言う人もいます。

 

成功はひとえにお金だけの物差しでは測れないとはおもいますが、この記事での基準として、サラリーマンなら本業の給料以上、主婦なら夫の給料以上を継続的に稼ぐことができる状態を成功例とします。

この状態に至っていない方は読み進めてみてください。

副業がうまくいかない人に足りないポイント

では、基準値を定めたところで、副業が上手くいかない人は何が足りないのか。

ポイントをまとめてみます。

継続力

一番のポイントは継続力です。

正直に言うと、月に30万円を稼ぐことはそこまで難しい金額ではありません。

ここ最近ではメルカリやココナラ、そして、ブログ等、複数の収入源を持つことが可能となっていますよね。

要は、それぞれが1日数百円~数千円の収益だったとしても、複数の収入源を持つことができれば、1日に1万円ってそこまで難しくありません。

アルバイトでも1日に1万円を稼ぐことはできますから、金額的にはそれほど高い壁では無いことは、感覚的に理解できるかと思います。

 

では、なぜ副業がうまくいかないのかと言えば、継続が難しいからです。継続すれば、マネタイズできるところまで到達するのに、ギリギリのところで辞めてしまう人がほとんどです。

継続がでいない理由は習慣化ができていないから。習慣化できていないのは、継続できるほどその方法で稼ぐことに面白さを感じていないから... ということが言えます。

 

継続できるかどうかは精神論である一方で、楽しみながらすることが最も大事です。

 

考える基準値

副業が上手くいない人がやりがちな考え方として、基準値の違いがあるかと思います。

これは学生のテスト勉強に例えると分かりやすいかもですね。

定期テストで何とか60点を越えればいいと考える人と常に100点を目指す人では勉強量の基準値が異なります。

これは、同じクラスにいるとその熱量の差は肌で感じることができますね。

(おい..おい...あいつヤバくね...ってなりますよねw)

 

しかし、これがお金稼ぎになると、その熱量は近くで感じることができません

自宅で寝そべりながらゲームしている人と、ひたすらブログを書いて資産を積み重ねている人が同じであるハズが無い。

その結果、当然基準値が高い人は稼ぐことができ、一方で基準値の低い方は何故稼ぐことができないかさえも分からないまま辞めていくんです。

 

副業を始めたら「人と会え!」なんていわれますが、これは他の人から刺激を受けろ、基準値の差を感じろ!...ということなんですね。

記載していて思いましたが、これは就活でも普通の仕事でも同じことが言えますね。

 

まずは自分の基準値の低さを感じ取りましょう。

その上で、どれくらいの努力によって基準値の低さをカバーできるのかを感じ取ることが第一歩かと思います。

 

副業がうまくいかない人が見なおすべき習慣

では、現在副業が上手くいかない人へどのようにすれば改善されるのか。

失敗しがちな人が持つ悪い習慣についてまとめました。

時間管理

副業は個人での戦いの場合がほとんど。その場合、時間やスケジュール管理はすべて自分自身で行います。

会社では自然と行えていたタスク管理やスケジュール管理さえも、自分一人しかいないとなれば怠ってしまうもの。

しっかりと今の自分に必要な作業は何か?何をいつまでに行うのか。時間管理をハッキリしておきましょう。

一つの副業だけ伸ばす。他は見ない

副業でうまくいっていない人がやりがちなのが、他の副業を見て目移りすることです。

甘い言葉に惑わされ、「もしかしたらあっちの方が稼げるかも...」なんて、考えることもあるでしょう。

この誘惑を見つけたら、完全に断ち切るべきです。この誘惑こそが、中途半端な状態で失敗してしまう原因と言えるでしょう。

もちろん、副業の中でも「稼ぎやすい副業」「稼ぎにくい副業」「あなたに合う副業」「あなたに合わない副業」が存在します。

しかし、数十万円程度の金額であれば、合う合わないは関係ありません。できます。安心してください。もちろん成果が出るのは早い遅いはありますが、早いものがいいとは限りません。その場合には必ず短所があります。

まずは、一つの副業を決めたらそれをやり抜く強い意志を持つことを大切にしましょう。

お酒を止める・無駄な交友関係を断ち切る

サラリーマンなどをしていてやりがちなのは、上司や付き合いに流されて遊んでしまうこと。

お酒を飲んでしまうと、「今日はもういいかな...」と、副業の手を止めてしまう事ありませんか?

副業で稼ぎたいなら、まずは、人間関係から見直しましょう。

今考えられる友人を5人想像し、その人達の平均年収があなたの年収と言われています。

調べる・行動するスキルを身に着ける

次に必要なのは、調べる事、行動するスキルを身に着けることです。

ぶっちゃけ、数十万円程度の副業のスキルであれば、ネットで調べれば出てきます。体系化されていないだけです。

なので、分からないことは全て調べましょう。調べる⇒やってみる⇒確認⇒次の手を考える この繰り返しを習慣的に行うことを身に着けるべきです。

継続できる方法を考える

副業で本業の給料を越えようとする時、最も難しいのが”継続”です。

なので、継続できるためのあらゆる手段を講じましょう。環境が悪いなら作業する場所を変えてください。人間関係が良くないなら改めてください。時間が無いなら習慣的に確保できるように朝の時間を使いましょう。

この継続ができないがゆえに、どんな副業の方法であったとしても辞めていく人が大多数なんですよね。

 

おわりに

以上、副業がうまくいかないひとに不足している基準値と考え方、その対策についてまとめてみました。

副業は自分自身の意思との戦いであるため、もし一人でできない場合はメンター等を付けてコンサルを受けてみるのも一つの手段かと思います。

その場合に身に着けるべきは”ノウハウ”ではなく”考え方”であること。

どうすれば試行錯誤をしながら継続できるのかの考え方、思考の回し方を身に付けましょう。

 

 

 

-副業

Copyright© ぬっくんnote , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.