ブログ

ブログ初心者がやること10選!知らないと損するチェックリスト

この記事では、ブログ初心者がブログ開始後にやるべきことをまとめていきます。

ブログを始めたばかりの頃は、『何からやればいいの?』『何から設定すればいいの?』ってなりますよね。

 

ちなみに、何も知らないでブログを開始してしまうと、実は損をしてしまいます。

例えば、ブログを書いても誰にも見られないような設定になっていたり...

 

この記事を読むことで、ほんの数分で、初心者がブログ開始直後にやるべきことが分かり、あなたがブログでまた一歩、稼ぐためのステップアップになります。

詳しく解説していきます。

 

ブログを始めるためには....

ブログのチェックポイントをおさらいする前に、ブログの構築方法についても確認しておいてください。

基本的なブログの設定に関しては、以下の記事を確認しておきましょう。

 

ブログを構築する時に、妙な設定はしていませんか?

微妙に分からなかったけど、なんとなく設定してしまった...というところはありませんか?

初期設定では、プラグインが便利だと知ってたくさん入れてしまいがち。

 

しかし、余計なモノを入れすぎてしまうと、かえってブログに悪影響を及ぼす可能性があります。

ブログには必要最小限のもので済ますようにしておきましょう。

 

まずは、上記の記事を見直して、あなたのブログ設定が十分であることを確認しておきましょう。

ぬっくん
ぬっくん
プラグインの入れすぎは注意だね

 

ブログ初心者やること【記事公開前のチェックリスト】

では、記事公開前の状態について確認していきます。

現在、あなたは記事として文章を書き終えた状態です。

キーワードは入っているか?

まずは、タイトルに今回の記事で狙っているキーワードが入っているかを確認しておきましょう。

タイトルを考えているうちに、狙ったキーワードを入れ忘れてしまった...ということは実はよくある事。

h2見出しに関しても、キーワードを含めるようにしてみてくださいね。

例えば、この記事では【ブログ 初心者 やること】と言ったキーワードを狙って記事を書いています。

 

ペルソナ設定は十分か?

記事を書くときは、誰のための記事なのかを名かにする必要があります。

例えば、恋愛系の記事であれば、相手は男なのか、女なのか、成人なのか、未成年なのか、独身なのか、既婚者なのか。

ペルソナを決めるべき要素はたくさんありますよね。

ここをはっきりさせておかないと、記事を書いた後に第三者が読むと全く内容が伝わりません。

誰のための記事なのかを明確にしておきましょう。

 

文章の流れが綺麗か

記事を書くときは、上から順番に流れるように順を追って説明していく必要があります。

例えば、ブログを始めよう!という記事を書くなら、以下のような流れにすると綺麗ですよね。

ココがポイント

  1. なぜブログを始めるべきか
  2. ブログで稼いだ人の体験談
  3. ブログで収益化をする方法は
  4. ブログを始めるならどこがオススメか

興味を持たせ、実例から信用性を上げ、具体的な方法を述べ、最終的にオススメのサービスを教えるという流れです。

この流れがちぐはぐの場合、そこで記事は読まれなくなります。

まずは、全体的な構成の流れがスムーズかを確認しましょう。

ぬっくん
ぬっくん
読者が読みやすいように記事の構成を考えてみよう

 

強調表示はあるか

ブログは読まれるもの...と思うと大間違いです。

基本的にブログは読まれるのではなく、見られているだけの方が多いです。

 

つまり、じっくりと熟読している人はごくわずか。

たいていは読み流しをして自分に必要な部分だけを探します。

 

そのため、文字だらけの長ったるい文章なんて読みません。

そのため、重要な部分にはマーカーカラー文字で強調表示をしておく必要があります。

この部分だけを読めばOKということにしておくんですね。

 

理解できる内容か

記事を読んでいて、違和感を覚えたら要注意です。

違和感から「何を言っているのか分からないなぁ...」と感じた瞬間に離脱が起こります。

人は、理解できないものは避けようとするもの。

 

文章では正しいことを言っていても、それを伝える技術が無ければ伝わりません。

この方法は、文章中において、PREPの法則を使うことで、カンタンに分かりやすい文章を作ることができます。

ぬっくん
ぬっくん
PREPの法則とは、結論、理由、事例、結論の流れで文章を書くことだよ!Twitterでも使われているね。

着地点は決まっているか

あなたのブログ記事では着地点は決まっているでしょうか。

ブログで記事を書くことは大切です。

 

但し、そのブログ記事は最終的に何のために存在しているのかを考えましょう。

収益化のためなのか、それとも集客のためなのか、紹介記事なのか。

 

ただの日記だと、正直今のSEOでは大きな価値は無いように感じます。(芸能人でもない限り)

まずは、何のための記事なのかを考えておきましょう。

そうすると、ブログ記事の最後にどのような事を伝えたいのかがおのずと分かってくるでしょう。

 

 

内部リンクで他の記事を紹介する

これまでの記事を書き終えたら、内部リンクで他の記事へとつなげておきましょう。

内部リンクを繋げるのは、より詳しく記載してある記事に飛ばすためですよね。

 

内部リンクで記事を繋いであげることで、Googleロボットの回遊があった時に、Googleに認識されやすくなります。

実際、URL検査を行うよりも、Googleロボットの自然回遊を待つ方が良いというケースもあります。

 

内部リンクの効果的な方法については、後日紹介していきますね。

 

サーチコンソールでURL検査・インデックス登録

サーチコンソールのインデックス登録です。

すぐに記事をインデックス登録してほしい場合に使用します。

 

トレンド記事なんかは、タイムリーに記事を公開する必要があるため、必須のツールですよね。

ちなみに、サーチコンソールのURL検査には、1日の実行数に限りがあるため、頻繁に行うのは避けましょう。

 

サーチコンソールの使用方法については、後日公開しますね。

 

SNSで拡散

インデックス登録が完了したら、SNSで拡散します。

 

SNSでの拡散は多くの人に記事を周知できるだけではありません。

一時的なアクセスが発生がGoogleに評価され、Google砲を受けることもあります。

 

一時的にですが、アクセスの爆発が起こり、Googleアドセンスなどの広告単価も高くなります。

SNSでの拡散は必須ですね。

 

ブログとSNSの連携については、以下の記事を参考にしてください。

詳しく見る
ツイッターのSEO対策の効果は無し?間接的なSEO効果について

続きを見る

 

検索順位を確認

次に、検索順位を確認します。

サーチコンソールでインデックス登録を行ったので、あなたの記事は検索結果に表示されているはずです。

その順位を調べておきましょう。

 

順位を調べることで、あなたのブログのドメインパワーを肌で感じることができます。

ドメインパワーを判断する基準は以下となります。

ポイント

  • 記事のジャンル:(ブログ・転職・恋愛etc...)
  • 文字数:(3000~10000文字)
  • 信頼性:(誰が書いたか?根拠は?体験談は)
  • 検索ボリューム(キーワードで月間どれくらい検索されているか)
  • 競合:(同じキーワードで競合はどれくらいいるか)

 

これらを感覚で構いません。

それぞれ自分のブログでどれくらい高く記事を作れば、上位表示が可能なのかを、表示順位から知っておくことが大切なのです。

それを毎回認識することで、次に書くべきブログのキーワードがおのずと決まってくるでしょう。

 

数日後に確認する事

ブログの公開が終えたら、数日後にどれくらい検索順位が移動しているかを確認しておきましょう。

ここでおススメなのはGRCの検索順位チェックツールです。



GRCを使って、毎日どれくらい順位が移動しているかを確認しておきましょう。

もし順位が上がっていれば、記事が評価されている証拠ですし、下がっていれば何らかの理由によって評価が落ちていることになります。

その場合には、検索者の需要に答えることができていないため、タイトルキーワードを変更したり、リライトをする必要があります。

 

リライトの方法については、後日記事で紹介しますね。

 

ブログ初心者がやることまとめ!

ブログ初心者がやることを一覧にして紹介しました。

そもそも記事の作り方さえも分からないという人がほとんどなのではないでしょうか。

また、記事公開後に忘れがちなのはサーチコンソールですね。

基本的なことですが、これらの事をしらないままブログを勧めていると、何日も人に見られないまま記事を書き続けてしまった...

なんてこともあるかもしれません。

時間を損しないためにも、一つ一つ理解しながら進めていきましょう。

-ブログ

Copyright© ぬっくんnote , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.