ブログ

ブログタイトルの決め方と失敗しないチェックリスト7選!アクセスを増やしたいなら

この記事ではブログタイトルの決め方について記載していきます。

この記事を読んでいる人はまだブログを始めたばかり、もしくはこれから始めようとしている状況ではないでしょうか。

ブログタイトルは悩みますよね。そもそもブログタイトルが今後のブログ運営にどのような影響を与えるかも気になるところ。

この記事では、ブログ初心者が読むべき、ブログタイトルを決める時のポイントについて紹介していきますね。

ブログタイトルを変更するとSEOに影響する?

まず初めに、ブログタイトルはどんなことに影響するのかが気になりますよね。

少しでもSEOが向上するのであれば、ブログタイトルもしっかりと考えなくては..と、思うでしょう。

しかしながら、ブログ初期の段階で付けるブログタイトル名がSEOに直接の影響は与えることはありません。なので、狙いたいキーワードを入れること自体には、SEO効果というものは無いと考えてください。

その一方で、途中からブログタイトルを変更する場合はブログ全体に影響を与える可能性があります。

ブログタイトルはブログ立ち上げ初期から決まっている基盤の一つのようなものであり、途中で変更すると、長く継続されてきたブログの土台が崩れるようなイメージです。

そのため、むやみやたらとブログタイトルを変更しない方が良いのは確かでしょう。

 

ブログタイトルを決める時の考え方

では、初心者がブログタイトルを決める場合には何を考えればよいのか。ブログタイトルが影響するポイントを考察してみましょう。

読者が一目でわかるコンセプト・テーマ連想を狙う

まずは、読者としての目線でブログを見た時を考えましょう。

例えば、転職系の記事を読んでいた時に、そのブログ自体に『転職』というワードが入っていたら、転職についてのサイトなのだと一目で分かりますよね。

もし、あなたが転職について悩んでいるのだとしたら、ブログ内の他のページをクリックする可能性も高くなります。

その一方で、関係性が分からないようなブログタイトルだと、離脱し、機械損失となります

何かのジャンルに特化して発信するのであれば、そのブログのコンセプトやジャンルが一目でわかるものが良いですね。

短く、短く、分かりやすく

最近では長いタイトルもあるようですが、基本的なブログタイトルのセオリーとしては『短くて分かりやすいこと』です。

あまりに長いとキーワードがたくさん入ってしまい、何について発信しているのかが分かりにくくなります。

また、記事の本文と同じで、基本的に人は文章を読みません。

長いタイトルの場合でも、『あ~なんか長いこと書いてあるな~』しか思わないもの。

できるだけ、無意識にブログタイトルを読めるくらいに、短く分かりやすいものがベストです。

ドメインが取れるかを考える

ブログ名とドメイン名は同じであることが望ましいです。

これは検索者としての視点となりますが、過去に訪れたブログをもう一度アクセスしたいと思うことはありますよね。

ブログタイトルを連想させるようなドメインであれば、再びアクセスしやすくなりますよね。もちろん、ツイッターやインスタグラムのIDについても同様です。

ブログタイトルと同じようなIDを取ることができれば、よりブランディングに繋がるでしょう

印象を意識する

ブログタイトルを印象付けるのも大切です。

『○○ナビ』『○○ドットコム』といったよくあるタイトルでは覚えられにくい上、他のブログのタイトルとかぶってしまう可能性もありますよね。

個人メディアとしてイメージ付けたいのであれば、他には無いブログタイトルを作成してみましょう。

 

ブログタイトルの作成方法として造語があります。ブログのテーマとなるキーワードを二つ用意し、その二つを組み合わせた造語をブログタイトルにする方法です。

ブログへの訪問者にとってブログを印象付けさせることができます。

ただ、造語とは言っても、なかなか難しいですよね。その場合には既に世の中に存在している造語をマネしてみるのもアリです。

キーワードや視点を組み合わせると全く別物のにもなります。

 

ブログ名がユニーク(一意となる)な名称だと、ブログ名で上位表示させることは容易です

その一方で、他と重複している名前だと、検索でも上位表示できない場合があります。例えば『ヤフー』という名前でブログを作成したら、まずブログ名から検索流入を得られません。(分かりますよね?)

他に競合がいない名前をブログに付けることによって、検索者に発見されやすいブログとなりますね。

名前を入れてみる

自分の名前をブログ名に入れてみましょう。人物としてのファン化を狙う際に有効です。

例えば僕のブログについても、ツイッターを中心として発信しているので、ツイッター×ブログで自分のファン化を狙っているわけです。

『ぬっくん』の名前で検索された場合に、僕のブログにたどり着くように考えてその様なタイトルを付けています。

伝えたいことから考える

ブログを始めたきっかけは人それぞれ。その中でも、『伝えたい思い』をブログタイトルに乗せることで、少なからずその言葉に刺さる人はいます

『モテたい』『稼ぎたい』『転職したい』『辞めたい』『好かれたい』『別れさせたい』

色々ありますが、そういった欲望の言葉が含まれたブログは、その思いに共感する人ほど、濃い読者になりうると考えられます。

 

ブログ名を変えたくなったら

さて、ブログを運営してしばらく経過すると、ふと思うことがあります。

『ブログ名を変えたい』

当初から決めていた方向性が、ブログを運営していくうちにそれていくことはよくある事です。そのため、途中からブログ名を変えたい衝動に駆られることは誰にでもあります。

では、ブログ名を変えた場合、どのような影響があるのでしょうか。

最も気になるのはSEOの低下です。

Googleの検索アルゴリズムは複雑に影響しあっています。その中で、ブログ名を変えることはブログ全体に影響しうることだと考えましょう。

そのため、むやみにブログ名を変えることはオススメできません。

もちろん、記事名を変えることと同じように、ブログ名を変えることによって良い影響を与える可能性もありますが、その場合は長期的にアナリティクスデータを見ながら判断していきましょう。

ブログタイトルを決める時のチェックリスト

ここではブログタイトルを決める際のチェックリストを記載しておきます。

ブログタイトルは10文字以内か

ブログタイトルは10文字以内にしておきましょう。

検索によって表示される文字数は30文字程度ですが、ブログ名はそこまで長くする必要はありません。

一目でわかるようなブログタイトルを意識。短く、10文字以内のブログ名を心がけましょう。

覚えられやすいタイトルか

ブログ名は覚えられることが何より重要です。

人に覚えられるためには、つい呼びたくなってしまう程にゴロの良い名前だったり、人のコンプレックスを刺激するような名前だと印象付けられることによって覚えられやすいですよね。

コンセプト・伝えたいことは分かるか?

あなたがブログで発信したいことは『何でしょうか?

ただ『稼ぎたい』だったとしても、何かを発信することによって稼ぐことになるでしょう。

何かを発信し、読者の心を掴まなければ手に取ってもらうことはできません。

その伝えたい事がブログ名に表れているでしょうか。

読み間違えられないか

今、考えているブログ名は日本語?英語?外国語?

そのブログ名は読み間違えられたりはしませんか?

かっこいいからと、英単語のを組み合わせて造語を作ったとしても、『何と読むのか分からない』状態では覚えてもらうことはできません。

読みやすく、分かりやすく、覚えられやすいブログ名にしましょう

ドメインは取れるか?

今、心の中で決めているブログタイトルでドメインの取得は可能でしょうか?

また、ツイッターのIDやインスタグラムのIDは取れるでしょうか?

ツイッターのID等は変更は可能ですが、ドメインのIDは”ほぼ”変えることはできないと考えましょう。

もちろん、ドメイン名とブログ名が異なっていても問題はありませんが、運営している自分が途中で不自然に感じてしまうかもしれませんね。

競合はいるか?

今、考えているブログタイトルで検索しましたか?

どれくらい競合がいるでしょう?一番上には何が表示されているでしょう。

誰かのツイッターのアカウントなどであれば、まだまだ巻き返すことは可能です。

しかし、しっかりとSEO対策が行われた企業名などがあれば、その場合はブログタイトルを変更することをお勧めします。

万人に受け入れられる内容か?

ブログタイトルとはいえ、やはり非日常のワードを使用すると、訪れる属性も限られてきます。

特にアダルト関係、薬、暴力的な内容の言葉は避けるようにしましょう。

その言葉だけで、入り口を狭めてしまっている可能性があります。

 

ブログ名だけでなく全ての設定に理由を

いかがでしたでしょうか。

ブログ名一つにおいても、考える要素はたくさんありますよね。

まずは、読者がどのように受け取るか、そして自分自身が運営していて気持ちの良い名前か..ということを考えてブログタイトルを付けてみましょう。

そして、そのブログタイトルにした理由も明確にしておきましょう。

長く付き合うことになるタイトルなので、自分自身も飽きないか?という視点も大事です。

 

-ブログ

Copyright© ぬっくんnote , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.